「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

運営ヒント集

07 成果を創出する

研究プロジェクトの成果の「見える化」を

定期的に研究の進捗状況を確認し、プラットフォーム内での成果共有を進めるとともに、「知」の集積のイベント・出版物を通して成果をPRしましょう

需要者のニーズを把握した、マーケティングや事業化の推進

成果を活用・応用して、商品・サービスを完成させ、市場に展開可能な形とします

成果に向かって前進しているプラットフォームに共通する要素
  1. 展示会に出展する
  2. 商品やサービス(プロトタイプでも可)を対外的に発信する