「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

運営ヒント集

06 研究・事業活動を行う

プラットフォームの議論と戦略を踏まえた研究コンソーシアムを形成しましょう

・組織の枠を超えた、協働プロジェクトを形成する
・プラットフォームの運営とは切り離し、研究コンソーシアムの成果創出に集中できる運営体制を整備する

研究プロジェクトの戦略デザインを明確化しましょう

知財担当者を中心に、知財関連の整理と戦略のデザインを明確にする

成果に向かって前進しているプラットフォームに共通する要素
  1. 具体的なテーマをもったプロジェクトチームができている
  2. 現場に出ている

あなたはどのようにプラットフォームを運営されていますか。振り返りながら、確認してみましょう。

プラットフォームを立ち上げる

  • 問題意識を持っている。
  • しっかりとした理念を持っている。

戦略方針を設定する

  • 研究開発の対象ステージを明確化する。
  • 予算計画を立案する。
  • 知的財産担当者を配置する。

具体的なアクションにつなげる

  • プラットフォームの具体的な活動を設定する。
  • プラットフォーム活動の進捗確認をしっかり行う。

連携体制を構築する

  • プラットフォーム内の役割分担を明確化する。
  • 外部との連携方針を設定する。

連携を促進させる

  • 新しい仲間を増やしてプラットフォームの多様性を高める。
  • 自分のプラットフォームにない機能は他のプラットフォームから取り入れる。

研究・事業活動を行う

  • プラットフォームの議論と戦略を踏まえた研究コンソーシアムを形成する。
  • 研究プロジェクトの戦略デザインを明確化させる。