「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

イベント情報

【開催案内】統合型農作物病虫害防除システム研究開発プラットフォーム主催セミナー「共生細菌をターゲットにした微小害虫防除技術確立に向けた研究について」(12月21日オンライン)

イベント情報

 当プラットフォームは、東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)を主幹事に2021年8月に設立されました。日本の農産業の持続的な発展と成長を実現するための中長期的な指針として、2021年5月に農水省から「みどりの食料システム戦略」が公表されました。この中の一つの方策として、2050年までにリスク換算ベースで農薬使用量の50%削減が指標として掲げられています。この指標を実現するための方策として、農水省がIPM(総合的病害虫管理)という考え方を発信しています。このIPMに貢献出来る物理的な防除技術の確立に向けて当PFでは、日本が世界をリードする技術の一つであるLED(Light Emitting Diode)を光源に用いて、対象となる様々な病虫害の防除に適した照射条件をフィッティングさせる「光防除技術」を軸に、IoTやICTなどの先端技術を有機的に結合させた「統合型病虫害防除システム」の実用化に向けた研究・開発に取組んでいきます。

 当PF主催セミナーとして第2回目となる今回のセミナーでは、虫害防除にフォーカスしていきます。特に、吸汁性害虫に存在する「共生細菌」を標的とした光による防除技術の確立に向けた研究開発の取り組み方針や、実現に向けた課題、今後の展望などについて講演いたします。

 ご興味のある方のご参加をお待ちしております。
 本セミナーは農林水産省が実施する「知」の集積による産学連携支援事業により行われます。
 会員各位におかれましては、ぜひ奮ってご参加ください。

【主催】

統合型農作物病虫害防除システム研究開発プラットフォーム(持-70)
NTT東日本 地方創生推進部(主幹事会社)
経営パワー株式会社(プロデューサー 岩井 利仁)

【日時】

令和3年12月21日(火)14:00~15:00

【開催形態】

Microsoft Teamsによるオンライン開催

【内容】

・講演:共生細菌をターゲットにした微小害虫防除技術の確立に向けた研究について
    富山大学 学術研究部理学系 土'田 努 准教授
    群馬大学 食健康科学教育研究センター 藤原 亜希子 講師

【参加費】

無料

【メールでのお申込/お問合せ先】

統合型農作物病虫害防除システム研究開発PF事務局
担当:NTT東日本 地方創生推進部 山本
TEL:03-5359-3070
E-mail:takeru.yamamoto@east.ntt.co.jp