「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

イベント情報

【開催案内】第2回 バイオ×デジタル融合(DX Agro)セミナー
「いわゆるIT化で品種改良のパラダイムを変えることができるのか?―品種改良の加速法―」の開催について(12月3日オンライン開催)

イベント情報
【講演内容】

品種改良の加速は、2050年に98億人になると予想される人口爆発を前に深刻化が進む食糧問題の解決に不可欠です。IT化は育種の効率向上につながりますが、それだけでは加速は難しいのが現状です。加速のためには、従来育種のスキームをデータ駆動型で最適に設計しなおす必要があります。本講演では、IT化を超えて、育種が目指すべき方向性について議論します。

【主催】

バイオエコノミー&エコロジー・プロジェクト(bioEco2)

【共催】

OEGs

【開催日時】

2021年12月3日(金)13:30~14:30

【形態】

Zoomウェビナーによるオンラインセミナー

【参加費】

無料

【定員】

100名 (原則として申込順)

【開催次第】

(1)講演「いわゆるIT化で品種改良のパラダイムを変えることができるのか?―品種改良の加速法―」
   講演者 東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授 岩田 洋佳
(2)ファシリテーター 東京大学大学院農学生命科学研究科 助教 小南 友里
(3)質疑応答

【申込先】

下記URLから入力と送信をお願いします。(職場ネット環境でアクセスできないときは、スマホ等を活用ください。)
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_f9qXERPTQ9-1A_OqWFJsXw

【申込締切】

12月2日(木)
※定員に達した場合、締切以前に締め切りますのでご注意ください。

【お問合せ先】

バイオエコノミー&エコロジー・プロジェクト(bioEco2)、DX Agro
chikusan.zoom@gmail.com
関、太田、三重野、松本 (公財)未来工学研究所

【本セミナー開催趣旨】

バイオエコノミーを推進するためには、従来の生物学的手法や生命科学的手法に加えて、バイオ×デジタルの融合によって生命現象を理解し、生物機能を最大限活用することが重要となります。本セミナーでは、農業に関わる身近な実例を題材とした数理情報科学的な考え方を講演することによって、一次産業におけるバイオとデジタルとの融合へ踏み出す人たちの契機となることを期待します。