「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

イベント情報

【開催案内】第225回農林交流センターワークショップ「次世代シーケンサーのデータ解析技術(オンライン講習会)」の開催について(9月17日~9月18日、オンライン形式にて実施)

イベント情報
【開催日時】

2020年9月17日(木)~9月18日(金)

【開催方法】

オンライン形式(筑波産学連携支援センターより配信)

【主 催】

農林水産省農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構

【対 象】

産学官の試験研究機関の研究者で、次世代シーケンサーのデータ解析技術に関心のある方

※Linux/Unixの基礎的なコマンドを理解し操作できて、例えばlessコマンドの扱いなどに説明を要しないことを前提とします。実習はサーバーにログインして行うため、ウインドウズにおけるTeraTermのような端末など必要なプログラムを自力でインストールして事前に環境整備できること、セキュアな接続のために固定IPアドレスを準備可能なことも要件とします。
申込み多数の場合、実データを所有していてすぐに解析の必要性のある方を優先します。

【募集人数】

15名

【参加費】

無料(受講後のアンケート回答は必須です)

【その他】

全日程に参加することとし、代理の方の参加は認めていません。

【内 容】

 近年、次世代シーケンサー(NGS)が広く利用されるようになり、農学など応用系の分野でも大量塩基配列データを扱う必要は急速に高まりました。NGSによる塩基配列決定は低コスト化が著しいことから、自らデータを取得し、かつ解析することが多くの研究過程で必須となっています。
 本ワークショップでは、農林水産生物に関わる研究者が、実習を通してNGSデータ解析の実際を知り、NGSデータを扱う実践的な力を身につけることを目標とします。
 コマンドラインでのデータ解析を学び、また、我々が公開しているウェブサービスを利用することにより、NGSデータ解析の全体像を理解していただくことを目指します。

詳細については、下記URLをご覧下さい。
https://www.affrc.maff.go.jp/tsukuba/top/event/workshop/ws_2020/225ws.html

************** ワークショップ申込み方法 ****************

下記により、2020年8月13日(木曜日)までにお申し込み下さい(必着) 。

○農林水産省関係の国立研究開発法人等に所属の方
 筑波産学連携支援センターのウェブサイトから申込様式をダウンロードし、所属機関の窓口を通じてお申し込みください。
○上記以外の方(大学関係、公立研究機関、民間企業等の方)
 以下のお申込フォームにてお申し込みください。
 https://www.contactus.maff.go.jp/affrc/tsukuba/form/content/workshop/ws_2020/200715.html

 尚、申込フォームにご入力の個人情報は本ワークショップに係る事以外に使用しない旨を申し添えます。