「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

イベント情報

【開催案内】三菱ケミカル・Society5.0におけるファームコンプレックス研究開発プラットフォーム「養殖シンポジウム」の開催について(1月29日、福岡市、参加無料)

イベント情報

 2020年1月29日(水)に、福岡市で、「養殖シンポジウム」が三菱ケミカル株式会社が事務局を務める「Society5.0におけるファームコンプレックス研究開発プラットフォーム」や関連するプラットフォームの共同により開催されます。

 本シンポジウムは「養殖魚の更なる輸出拡大に必要な現状分析と課題解決」をテーマとしており、協議会会員向けですが、関心をお持ちの方であればどなたでもご参加いただけます。海外で需要の高まっている日本の安心・安全な生産物の輸出を拡大する成長戦略において、養殖水産業の生産から販売・輸出に寄与する具体的な課題解決方策を模索します。

養殖シンポジウム

【開催日】

2020年1月29日(水)14:00~17:00

【会 場】

電気ビル共創館&みらいホール 共創館カンファレンスA
(福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1−82)

【参加費】

無料
※1月16日(水)までに事前参加申し込みをお願いいたします

【内 容】

1.開会

2.話題提供
  (1)国内・海外のブリ類養殖生産の動向 ~ブリ類養殖振興勉強会の内容等を基に~
    水産研究・教育機構 水産業成長産業化推進室
    荒井 大介

  (2)生産規模拡大に向けた取組 ~大規模沖合養殖システム~
    日鉄エンジニアリング株式会社 養殖システムビジネス部
    清水 貴広

  (3)アジア地区 鮮魚輸出のついて ~中国・香港・シンガポール~
    三菱ケミカル株式会社 ITファームプロジェクト
    山田 但己

  (4)養殖水産業の輸出に向けた加工・流通・販売の課題と解決方向
    地域のちから
    増原 伸一

3.意見交換
  テーマ「養殖魚の更なる輸出拡大に必要な現状分析と課題解決」

【開催主体】

 「『知』の集積による産学連携推進事業のうちプロデューサー活動支援事業」を三菱ケミカル株式会社が受託し、自らが事務局を務める「Society5.0におけるファームコンプレックス研究開発プラットフォーム」および他の下記関連プラットフォームの会員と連携の上、「輸出拡大に向けた戦略構築と社会実装」に向けた活動を展開しています。

  ・食品の革新的保存・流通技術研究開発プラットフォーム
  ・水産増養殖産業イノベーション創出プラットフォーム
  ・農林水産物の輸出促進研究開発プラットフォーム
  ・おいしさ評価・分析プラットフォーム
  ・イチゴ品種の開発と利用を結ぶ研究開発プラットフォーム(以上、順不同)

 シンポジウムの詳細及び事前参加申し込みについては、下記メールアドレスからお問い合わせください。

【お問合せ先】

三菱ケミカル株式会社
ITファームプロジェクト
担当:大島 信三
TEL: 050-3139-2519
E-Mail: oshima.shinzo.ma@m-chemical.co.jp