「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会

アーカイブ

農林水産業・食品事業者向け 公開シンポジウム 腸内環境とポリフェノール ~腸内環境研究が農林水産業にもたらすもの~のご案内(11月13日 東京)

終了イベント

日 時:平成29年11月13日(月)13:30〜17:30(13:00受付開始)
場 所:AP新橋虎ノ門 11階会議室 (東京都港区⻄新橋1- 6-15NS⻁ノ門ビル(日本酒造⻁ノ門ビル))
参加費:無料 (意見交換会4,000円)

< 事前登録制 >
以下のフォームからお申込みください(11月6日締切)
https://goo.gl/forms/boCoKSGdWMfyKrDu2

リンクが開けない方は、メールアドレス<nka.info@noritsu-koki.com>宛てに、【 1.所属、2.お名前、3.連絡先(TEL,MAIL)、4.意見交換会の参加の有無 】をお知らせください。 会場の都合により、定員に達した場合には事前に締め切る可能性がございます。

< プログラム >
13:30 - 13:40 「 開 会 挨 拶」
         内藤 裕二(京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学 准教授)

13:40 - 14:00 「「知」の集積と活用の場について」
         野田 幸太郎(農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室 産学連携担当専門官)

14:00 - 15:00 「ポリフェノールの機能性:現状と展望」
         芦田 均(神戶大学大学院農学研究科 教授)

15:00 - 15:15 休憩

15:15 - 15:45 「機能性成分を多く含む野菜の研究開発」
         日野 明寛(日本製粉株式会社 イノベーションセンター⻑)

15:45 - 16:15 「大豆ポリフェノール類の研究と応用開発」
         戶田 登志也(フジッコ株式会社 研究開発部 部⻑)

16:15 - 16:30 休憩

16:30 - 17:30 パネルディスカッション「農林水産物の機能性研究と事業化の課題」
         パネリスト:日野 明寛(日本製粉株式会社 イノベーションセンター⻑)
               庄司 俊彦(農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
                      生産・流通研究領域 流通利用・機能性ユニット)
               戶田 登志也(フジッコ株式会社研究開発部 部⻑)
         司会:   内藤 裕二(京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学 准教授)、
               三原 洋一(NKアグリ株式会社)

17:30 - 19:00  意見交換会 (会費制 お1人様4,000円)

<お問合せ>
腸内環境・腸内微生物叢を標的にした高機能農林水産物開発プラットフォーム事務局
NKアグリ株式会社:担当 山川
TEL:080-8318-0617/ MAIL:nka.info@noritsu-koki.com

※プログラムは都合により変更の可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。

腸内環境とポリフェノールシンポジウム